スペーシア

スペーシア

概要説明

スペーシアは、暖かい太陽の日差しを室内に十分取り入れるとともに、室内の熱を外に逃がさないので冬の暖房負荷を軽減する断熱性能を追求した真空ガラスです。耐風圧性能は、同じ厚さの単板ガラスに近い剛性を持っており、儒来の一般服すガラスと比べて約1.5倍の耐風圧強度があります。また、単板ガラス用サッシに装着できるという特長も備えていますので、既存住宅の窓の断熱化も実現し、地球環境保護(CO2削減)という視点からも大きな貢献が期待されています。

特徴1.高断熱性

スペーシアは、真空層とLow-E膜の効果により、熱貫流率が飛躍的に向上、フロート板ガラスの約4倍、一般複層ガラス、ペアマルチの約2倍の断熱性能を発揮します。これにより暖房時、室内の暖まりが早く、またその暖かさも逃がさない快適な室内環境づくりを実現します。

特徴2.結露軽減

外気温が低くても、室内側ガラスの表面温度が下がりにくい構造なので、結露の発生を大幅に抑えることができます。フロート板ガラスはもちろん、一般複層ガラスペアマルチと比較しても結露の発生する外気温度は低く、結露軽減効果に優れています。

特徴3.省エネ

優れた断熱性能が、大幅な省エネルギー効果を発揮。フロート板ガラス(3ミリ)と比較すると、年間におけるエネルギー消費量を約40%も節減することができます。(熱負荷計算プログラム「SMASH]による)

特徴4.遮音効果

スペーシア特有の構造から、音の伝わりを大幅にカットします。

特徴5.施工性

耐風圧強度は複層ガラスの約1.5倍もあり、たとえば設計風圧力が1800N/㎡の場所で2.0㎡のガラスを使用する場合ペアマルチでは厚さ14ミリが必要でガラスの概算重量は40kgfにもなりますが、」スペーシアでは厚さ6.2ミリで30kgfと軽く、施工性に優れています。

特徴6.取替簡単

6.2ミリ厚のスペーシアは今お使いの一般的な1枚ガラス用サッシに収まります。ガラス部分の採光面積もそのままで、これまでと同じ室内空間を保てます。

ページ上部へ戻る