,

防火ガラス

不快な結露を軽減できます
寒い冬や梅雨時に窓に発生する結露は、カーテンや窓枠を汚すだけでなく、シックハウスの原因のひとつとなっているカビの発生を助長します。冷たい外気の影響を受けにくい複層ガラスなら不快な結露を防ぐことができます。

夏の涼しさを保ちます
住まいの冷房効果を低下させる夏の強い日差しは、窓を通って進入してきます。外部からの日射熱を室内に入れにくい遮熱タイプの複層ガラスなら、大きな窓のある部屋でも冷房効果を高め、涼しく快適な環境をつくります。

防犯・防火の性能を発揮します
2枚のガラスのうち、1枚を防犯ガラスやワイヤレス防火ガラスにする事で、防犯や防火の性能を持たせる事ができます。断熱性能が実現する快適さに加え、遮熱性能など求められる機能を様々に変えられます。

火災時に万一ガラスが破損した場合、その破片が鋭利であれば非常に危険です。
そこで、「防耐火ガラス」は耐熱性能や遮熱性能に加えて、非常に優れた強化ガラスとしての性能を持っています。
写真は防耐火ガラス「パイロクリア」の破損状況です。
強い衝撃が加わると前面にヒビが入ったような状態になり、鋭利な破片が飛び散ってくることはありません。 
また、破損した際には小さな破片となりますので、人体を傷つける恐れはありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る